キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 新しい埋葬方法『ゼロ葬』とは? : 注目情報!千葉の葬儀

新しい埋葬方法『ゼロ葬』とは?

注目情報!千葉の葬儀

新着記事

新しい埋葬方法『ゼロ葬』とは?

ここ数年で葬儀の形が大きく変わってきています。

これは少子高齢化も関係しています。

・ゼロ葬という選択肢

ゼロ葬というのは、遺体を火葬した後に、遺族がい骨を受け取らずに、火葬場に処理を依頼するという方法です。

遺骨の受け取りをしないので、お墓に埋葬する必要はありません。

地域によっては遺骨を引き取らなくてもいいところがあって、そういう場合はゼロ葬が可能です。

ただし地域によっては、遺族がい骨の引取りをするように決まっているので、簡単には受け取り拒否ができません。

・ゼロ葬のメリットとデメリット

遺骨受け取り拒否が可能な地域はゼロ葬ができますが、原則として遺族骸骨を受け取る事になっている地域は他の方法を考えないといけません。

日本では一般的に火葬をしてい骨を埋葬します。

あえてい骨を受け取らない事が、非常識と捉えられる可能性はあります。

ただし少子高齢化で、遺族に負担をかけたくないという故人の遺志がある場合は、ゼロ葬が必ずしも非常識とは限りません。

・まとめ

まだあまり浸透していない葬儀スタイルのため、賛否両論がありますが、新しい葬儀の形として、ゼロ葬というのがあるのを知っておくと、将来自分の死後を考える時に役に立つ事があるかもしれません。

ちなみに、受け取りを拒否した遺骨は、専用の業者が処理をして、自治体が管理する場所に合祀されます。

火葬場で焼かれた後は、全ての遺骨を拾う事は出来ませんから、残りは専用業者が処理します。