キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 千葉で少しずつ増えている『樹木葬(桜葬)』の流れ : 注目情報!千葉の葬儀

千葉で少しずつ増えている『樹木葬(桜葬)』の流れ

注目情報!千葉の葬儀

新着記事

千葉で少しずつ増えている『樹木葬(桜葬)』の流れ

最近は少子高齢化の影響もあって、お墓を建てても継承者がいないというケースが増えています。

・樹木葬について

せっかく高い費用を払ってお墓を建てても、お墓の継承者がいなければやがて無縁仏となってしまいます。

最近は少子高齢化の影響もあって、無縁仏になるお墓が急増しています。

これを避ける手段として注目されているのが、樹木葬です。

桜を植える事が多いので、桜葬とも言われます。

ただし遺骨をそのまま地中に埋めるわけではありません。

樹木葬をする場合は、手続きが必要です。

・樹木葬の流れ

人は死んだら土に帰ると言いますが、樹木葬もそういう意味では自然に帰る事ができます。

樹木葬には「里山型」と、「公園型」があります

どちらも霊園が管理する場所に、遺骨を砕き粉末にしてから土に埋め、その上に樹木を植える事になります。

里山型は他にも樹木葬をする人がいるので、どれが故人の木かわかるように目印をつけておけます。

公園型は霊園の区画に埋葬しますが、夫婦用や家族用など選べるので、お墓を作らず樹木葬にするのも最近注目されています。

お墓がなくても家族が同じ場所で眠れるところがポイントです。

・まとめ

葬儀スタイルも色々と増えています。

お墓を建てるには高い費用がかかりますし、建てたら終わりではないため、供養の形を変える事で遺族の負担も減らせます。

まだあまり一般的ではありませんが、新しい葬儀スタイルが増えているのは事実です。

◆関連記事⇒”墓は要らず”で「散骨」依頼が増加 企業が宇宙葬や月面供養を考案も

お墓の継承者がいない場合は、樹木葬も選択肢のひとつです。