キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 千葉で葬儀のあと、お墓を立てず『永代供養』を選択する人も : 注目情報!千葉の葬儀

千葉で葬儀のあと、お墓を立てず『永代供養』を選択する人も

注目情報!千葉の葬儀

新着記事

千葉で葬儀のあと、お墓を立てず『永代供養』を選択する人も

少子高齢化や核家族化が進む一方で、葬儀に関する考え方も変わってきており、さらにお墓を建てても継承者がおらず無縁仏になるケースが増えています。

・永代供養について

永代供養というのは、その名の通り永代に供養をしてもらえる事です。

お墓は子孫が受け継ぐ事を前提に建てられます。

しかし今は少子高齢化や、核家族化が進んいるため、せっかくお墓を建てても継承者がいなければ無縁仏になってしまいます。

これを回避するための手段として、永代供養が注目されているのです。

永代供養は、お寺や墓を管理している人が、継承者となり永代に渡り供養をする事です。

葬儀の後、お墓の事で迷ったら永代供養という選択肢もあります。

・永代供養のメリット

お墓の継承者がいない場合は、お寺や墓の管理者が変わりに供養をしてくれます。

お墓がある場合は、一旦墓じまいをする必要がありますが、その後は供養をしてもらえます。

永代供養を依頼する時に費用を支払えば、その後追加料金を請求される事はないので、将来的な費用の心配がありません。

永代供養の場合お寺によっては檀家以外は拒否される事がありますが、一般的には宗教は不問となります。

ただし永代供養といっても永遠に続くわけではなく、ある程度供養したら最終的には合祀になります。

合祀になっても定期的に供養は続きますが、遺骨は一箇所にまとめられますので、個別に取り出す事ができなくなります。

・まとめ

永代供養もメリットとデメリットがありますが、墓の継承者がいない場合はメリットは多くなります。

永代供養は今後も増え続ける事が予想されます。