キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 千葉の葬儀の後に選択できる『手元供養』とは? : 注目情報!千葉の葬儀

千葉の葬儀の後に選択できる『手元供養』とは?

注目情報!千葉の葬儀

新着記事

千葉の葬儀の後に選択できる『手元供養』とは?

葬儀が終わると遺体を火葬するところまでは、法律で決められています。

その後の供養の仕方は選択肢がある事をごそん時でしょうか?

・手元供養について

手元供養というのは、火葬が済んだ後の遺骨を、お墓には収めず手元に置いて供養をするというスタイルです。

葬儀は普通に行いますが、その後は手元供養を選択する事ができます。

遺骨に関しては絶対にお墓に収めなければいけないという法律がないので、手元に置いて供養する事ができます。

なんとなく世間一般のイメージで、遺骨は四十九日の法要が済んだら納骨するのが決まりのようになっていますが、必ずしもそうとは限らないのです。

・手元供養が増えている理由

手元供養を選ぶケースは決して少なくありません。

大切な家族を亡くした喪失感が大きいと、遺骨を手元に置いておきたいと考える人がいます。

お墓がなく、お墓を建てる費用もないという場合は、手元供養ができれば費用を抑えられます。

お墓があっても場所が遠く、墓参りに行けないなど、手元供養を選ぶ理由は意外と多いのです。

・まとめ

遺骨の保管に関しては、法律がないので、手元供養をしていても違法にはなりません。

大切な家族と一緒にいられる安心感や、故人が遺族の負担を考えて手元供養を希望するというケースもあります。

無宗教で菩提寺がないので、お墓が建てられないからというケースも増えています。

ある程度手元供養をした後に、ダイヤモンド葬や樹木葬に切り替える事もできます。